オリジナルのステッカーを作りたい!小ロットから注文できるおすすめの印刷業者3選

オリジナルグッズの中でもステッカーは不動の人気を誇っています。

イベントで使用したり、ビジネスの販促用として使用したりなど、多くの企業がオリジナルのステッカーを作成しています。

しかし最近は、オリジナルのステッカーを作りやすい環境になってきたこともあり、個人でも気軽にステッカーを作るようになってきました。

個人のみなさんは、一体どちらの業者を利用して、オリジナルのステッカーを作成しているのでしょうか。

ステッカーを注文する時の注意点

色々な印刷業者でオリジナルのステッカーを作ることができますが、一体どのような基準で業者を選んだら良いのでしょうか。

小ロットでの作成が可能かどうか

個人の場合、オリジナルステッカーの作成は、小ロットで注文したいというケースがほとんどでしょう。

印刷業者の中には、小ロットで注文を受け付けてくれるところがありますから、そのような業者を選ぶことをおすすめします。

しかし小ロットだと、単価が高くなるところがほとんどなので、お得感を味わいたいなら、ある程度の数を注文してみるのも良いでしょう。

ステッカー種類を決める

業者によっては、色々な種類のステッカーを扱っているところがあります。

例えば、サイズが色々あったり、耐水性があったり、剥がしやすかったりなどの特徴を持ったステッカーを揃えているところもあるのです。

大きさや用途など、自分が希望するステッカーを作成することができる業者を見つけるようにしてください。

おすすめのステッカー作成業者

小ロットで作成ができる、もしくは、ある程度の枚数を作成するけれども、費用を安く抑えることができる業者をご紹介します。

ステッカーの種類が豊富な印刷通販デジタ

印刷通販の中でも大変有名な業者がこの「印刷通販デジタ」でしょう。

ステッカーだけでなく、ラベルなどの印刷も手がけています。

また手がけているステッカーの種類がとても多いので、まずは屋内用か、屋外用かを、選択をすることから始めます。

屋内用のステッカーは、上質紙やアート紙、オリンパスなど、実に15種類のステッカーから選ぶことができます。

中にはタトゥーシールや冷凍用シールなどもあり、多くの人が印刷通販デジタを選んでいる理由がわかります。

屋外用のステッカーは、風雨に晒されるためインクの劣化が目立たないような印刷を施しています。

屋外用ステッカーは、18種類もあり、塩ビ素材を使用した場合だと寿命が3〜5年とされています。

印刷通販デジタで、一番人気の屋内用ステッカーは「合成紙-ユポ-」です。

主原料がポリプロピレン樹脂であるため、耐水性があり破れにくいという特徴があります。

サイズは、デザインしたい模様の縦×横のカットラインの面積を基準に選ぶことができ、最小で2㎠以内、最大で42cm×29cm以内となっています。

印刷通販デジタでも、ステッカーは1個から注文することができ、例えば前述したステッカーの2㎠以内の料金は1個943円、最大の面積で1,334円となっています。

公式サイトには、印刷するカットラインの面積と注文数に合わせて、細かく値段が掲載されているので、興味があればチェックしてみてください。

ステッカー1個から作成できるのが嬉しいですが、前述したステッカーの場合、1個の注文で943円かかるというのは、少し割高に思うかもしれません。

2㎠以内のシールで、50個頼んでも994円であり、カットラインの面積がそれほど大きくなければ、1個頼んでも、50個頼んでも、さほど値段にひらきがありません。

そのため、あまり大きめのステッカーを頼むのでなければ、50個くらい注文したほうが、お得感を感じるでしょう。

同人系の人たちのオリジナルグッズに強し!MYDOO(マイドゥー)

同人系の人たちは、オリジナルグッズを作成するのが本当に上手ですよね。

市販されていなければ、自ら作るという信条をお持ちの方が多いので、クリアファイルやiPhoneケースなど、あらゆるグッズを自作しています。

そんな同人系の人たちの間で人気がある業者がMYDOOです。

MYDOOはステッカーに限らず、バッチやペンケース、トートバッグなど、あらゆるオリジナルグッズの作成を行っています。

MYDOOが同人系の人たちに愛されている理由は、ほとんどの商品が1個から作成可能ということです。

「ちょっと試しに1個だけ作ってみたい」という時は、頼りになるのがMYDOOと言えます。

オリジナルステッカーもMYDOOなら1個から作成でき、1個300円と格安なのですが、残念ながら、50mm×83mmの1サイズしか販売していませんので、サイズにこだわりがある場合は、不向きと言えるでしょう。

しかも入稿データは、jpegやpngに対応しておらず、illustratorかphotoshopのみとなっており、公式サイト内にあるテンプレートを使用しなければなりません。

よって、illustratorやphotoshopの知識が無ければ、利用しにくいかもしれません。

ただし、MYDOOのオリジナルステッカー(MYDOOでは「ドレスステッカー」という)は、何度でも剥がせるタイプのステッカーで、かつ取っ手部分がついているので、剥がしやすいというメリットがあります。

なので、このサイズでステッカーを作ってみたいと思う場合は、利用してみると良いでしょう。

ステッカーラボ

オリジナルステッカー作りで、一番おすすめするのが、オリジナルラボ株式会社が運営しているステッカーラボです。

ステッカーラボでは、高品質なステッカーを費用を抑えて作成できるので、グッズ作りをしている人の間で、大変人気となっています。

作成できるステッカーの種類が8種類もあるので、お気に入りのステッカーを作成しやすいです。

ステッカーラボの一番人気の商品は、100mmホワイトステッカー・シールで、ホワイトとクリアの2種類があります。

オーソドックスなシールが良い場合はホワイトを、どこに貼っても違和感がないほうが良い場合は、クリアを選ぶと良いでしょう。

こちらのステッカーが選ばれる理由の一つは、耐水性があるということです。

シールの表面にクリアコーティングが施されているので水に当たったとしても、すぐには剥がれないようになっています。

また、特殊な糊を使っているので、マスキングテープの様に貼ったり剥がしたりすることも可能となっています。

ステッカーラボに注文する場合は、最小ロットが50個からとなっています。

1個からの注文は出来ないのですが、個人で使用する場合なら、複数枚持っておきたいところですから、50個くらいが妥当と言えるでしょう。

ステッカーラボでは、注文数が増えても単価は低くならず、50個頼んでも、1,000個頼んでも、単価は税抜き164円〜となっています。

単価を下げるために、無理をして大量枚

数を頼む必要がないのは嬉しいですよね。

納期は10営業日というスピーディーな対応をしてくれるのも、ありがたいでしょう。

オリジナルステッカーは小ロットから注文できる業者を選ぼう!

オリジナルのステッカーは、個人でも気軽に作ることが出来るようになりました。

個人だと、大量のステッカーを必要としない場合が多いので、出来れば小ロットから対応してくれる専門業者を選ぶと良いでしょう。

1個から対応してくれる業者もありますが、単価が高くなりますし、再注文となった時にお得とは言えなくなります。

ステッカーラボなら、50個から対応してくれますし、単価も安く、納期も早いのでおすすめです。